ドラマート℠ (ペパピポアートポート)

子どもたちのための新しいタイプの表現活動
 これまでのワークショップには無い、造形制作と身体表現が融合・連携する創作表現活動の開発を行い、各所で実践・推進しています。作ることが目的の、一般的な造形ワークショップ=工作教室と区別するためにドラマート℠ [Dramart] ( 劇遊び [Drama] +造形遊び [Art]) と名付けました。

 このプログラムは時代のニーズをいち早く捉えたアプローチとして脚光を浴びています。様々なタイプの参加者に対して柔軟に対応できます。
 工作物を自己の延長・分身として扱い、そこに自分の気持ちを投影することによって、自己主張や他者との関わりなどの"自ら表現する力"を引き出す、クリエイティブなドラマのワークショップです。


 ◆『ペパピポアートポート』はアートインライフが行なう、ドラマート℠のワークショッププログラム
ペパピポ アートポートは、工作が得意な子も苦手な子も楽しく参加できる、表現と造形のワークショップです。
造形をする時には「何を作ろうか」「どう作ろうか」想像します。そこに世界感を与え、「なぜその形?」「その世界では何が起こる?」などを深く考えていくと、どんどん想像が広がります。
そのために、子ども達の気持ちを集中させ、身体感覚や感情を引き出していくアプローチを組み込んでいます。
そうして創造的な発想が高まって生み出された造形は自己表現のカタマリです。
また、自分で描いたものを紹介したり、グループで一緒に考え、みんなと共同で作りあげる活動を通して、他者理解・協調性などのソーシャルスキルも磨かれます。


◆活動プログラム例 主に幼児親子と小学生向けのプログラムです

 ◎トイレットペーパーの森

3枚の紙と輪ゴムで簡単に作れるペパピポ人形。いっしょに歩いて冒険の旅に出よう。部屋中に張り巡らされたトイレットペーパーの森をくぐりぬけ、宝を探せ。そして森の中にお店や秘密基地、街を作ろう。

 ◎オトムシのくさむら

マラカスムシやスズムシ、ピーピームシなどいろんな音ムシを紙の箱を使って作ろう。家族でくさむらにすてきな家を作ろう。虫取り名人には捕まらないよう注意して!

 ◎妖怪くずがみさま

公民館に住みついているくずがみさまが現れた。みんなで仲間を作って部屋を丸ごと自分たちのすみかにしよう。でも警備員に見つかると紙くずとして捨てられてしまうぞ。

 ◎新モアイ発見!

近所の工事現場からモアイ像が発見されたらしい。その守り神の姿を想像して作ってみよう。その顔は笑っているのかな?おこっているのかな?新モアイ像はお互いどんなことをしゃべっているのだろう?

 ◎ヘビの小学校

パペットのヘビを作ったら小学校に入学。低学年は運動会で綱引きやボール運びの競争!体がどんどん長くなる高学年は全身を使ってヘビヘビダンスにチャレンジ!

 ◎鳥になる

すてきな紙のつばさをつくって、鳥に大変身! 南の島で生まれたひな鳥達。海を越え、はるか遠くの日本を目指して大空に飛び立つ時が来た! 想像の冒険旅行が始まります。

※場所やニーズに合わせて新しいプログラムを創作します。詳しくはご相談ください。

◆活動報告書 (PDFファイル)

♡『ワークショップコレクション』

WSC第10回【ペパピポ人形で行く、ぬれない?!海底探検】
WSC第11回【ペパピポロボットPRタイム ~夢のホームロボを世界に広めよう!~】

♡こども劇場​いたばし ドラマート℠

【2014年度版】
【2015年度版】

 

◆活動紹介フライヤー (PDFファイル)