表現教育指導者養成セミナー2017

 演劇的手法を用いた表現教育活動(Drama Education)は認知度も高まり多くの方が実践されるようになってきています。このセミナーではその際に考慮すべき点や、その活動をする意味と意義を、歴史的背景や新しいアプローチ方法などの多角的な視点から検討を行います。
 また、昨今活動を導入するにあたって予めセラピー的な効果を期待する方々や、アートセラピーの一環として解釈される方が増えてきているため、われわれとしてもしかるべく対応と対応が必要不可欠となりました。

 そのためのアプローチとして、心理臨床的考察やアートセラピーを体験することによって、そこにどういった知見が存在するのかを知ること。そして、我々の持つ方法論や経験と擦り合わせ、別の視点からの活動プログラムの理解や開発、実践経験を得ることなどに焦点を当てたいと考えています。


◆臨床心理士に学ぶ発達障碍 2 1/17(水) 19:00~20:30

<講師:宮澤順子(臨床心理士・スクールカウンセラー)>

2017年6月に続く第2弾。
「感覚」に焦点を合わせた障碍児の特徴についてのレクチャー。
障碍児特有の触覚のありようや、「平衡感覚」「固有覚」などの五感以外の感覚について。
表現活動で行なう、感覚を使うアプローチに新しい見方が導入できればと思っています。
会場:代々木オリンピックセンター
参加費:1000円 定員:18名(先着順)

★定員制なので必ず info@artinlife.jpにお申し込みの上、会場にいらしてください。


その他 アートセラピー等の体験を含むセミナーを企画中です。
ご興味のある方はメールでご連絡ください。